自分用も兼ねてのメモです。

痕跡の名前種類は略称。
抜け漏れあると思いますがご容赦。
形式は、
・モンスターの名前 危険度
 エリア番号:痕跡の名前
です。

古代樹の森
・プケプケ 
 4:足跡
 6:毒性の粘液
 7:足跡
・アンジャナフ 
 7:粘液
 9:足跡
 12:足跡
・トビカガチ 
 5:体毛
 6:体毛
 14:体毛
・リオレウス ★★
 14:鱗片

大蟻塚の荒地
・ボルボロス 
 5:足跡
 9:足跡
・ジュラトドス 
 10:泥
・リオレイア 
 12:足跡、鱗片

陸珊瑚の台地
・パオウルムー ★
 3:足跡、羽毛

瘴気の谷
・オドガロン ★
 10:足跡
・ラドバルキン ★
 3:タール付きの骨片
・ヴァルハザク ★★★
 16:肉片

龍結晶の地
・ウラガンキン ★★
 6:タール付きの石片
・ヴォルガノス ★★
 10:足跡
・テオ・テスカトル ★★★
 11:体毛

以上痕跡。
いずれも探索で見つけました。

 


 

探索時は、
・導蟲反応距離UP
・研究者(大型モンスターの)
これら2つをつけて行くといいかもしれません。

特に導蟲反応距離UPは便利です。

 

画像は私の好きな装備です。

冒険者感がして好き……。

採取も兼ねてるのでいろいろついてます。

水場適応は大蟻塚の荒地であると便利ーなスキルです、歩きやすい。

 

また、威嚇スキルLv3もあると、

通りすがりの小型モンスターと戦闘になって導蟲が隠れることがなくなります。

威嚇Lv2も試してみたのですが、

痕跡を探して近辺をうろうろしていた際に戦闘になってしまったのでLv3おすすめ。

 

あとは、比較的好戦的な大型モンスターに見つかった時に

潜伏スキルが多少役立つかな、くらいです。

 

発売からもう2週間以上は経ってるので需要はアレですが、

誰かが役立ててくれたらええなーと思います。

 

それではまた。



ここまで読んで下さってありがとうございます。

この記事へのコメント欄はカテゴリー・タグの下にあります。
お名前(ハンドルネーム)とメールアドレスの記載が必須ですが、こちらからメールご連絡をすることはございません。
いたずら防止のためですので、ご了承願います。

また、SNSへの投稿などお願いできるとありがたいです。

今後も気が向いたら記事を書いて参ります。
またのお越しをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です