おはこんばんちは、よすがです。

 

シャドウバース、災いの樹編-最終章- 6章に引き続き、

四苦八苦しながら7章の攻略に成功しましたので、

今回のデッキ紹介です。

ちなみに最終章7章で使用できるのは、

エルフビショップです。

今回はどちらも普段から触ってるのでよかった!

 

ちなみに今回の記事、攻略情報としては役に立たないので、

それを承知の上、ご覧ください。

 


 

まず相手のデッキはヴァンパイアデッキ。

前回と違ってスペルやアミュレットが少数ながら見られました。

②ブラッドウルフ
②硝子刃の悪魔
②デビルシープ
③ファングサーペント
③サーベイジウルフ
[3]毒蛇の一噛み
[4]魔神の剣
⑤カオスシップ

※[ ]でくくっているのがスペル・アミュレットです。

 

「[4]魔人の剣」は、

「自分のターン終了時、自分のフォロワーすべてを+1/+0する。復讐 状態でないなら、自分のリーダーに2ダメージ。」

という効果を持つアミュレットです。

つまり、相手のフォロワーを放置すれば毎ターン攻撃力が上がってきます。

さらに、こちらが殴らずとも復讐状態になっていくので、

「カオスシップ」を出された時に2枚おまけでフォロワーが出てくることも。

 

また、「ブラッドウルフ」「サーベイジウルフ」等の疾走持ちで

序盤から殴りかかってくるうえ、

きちんと「ファングサーペント」で守護+回復を張ってくる周到さ。

 

とはいえ、わりと手札をあっさり放出してくれる傾向にあるので、

前半を耐えて後半に殴り返すか、

序盤から短期決戦を仕掛けることができれば難しくないはず。

……カードの引きが悪かったら仕方ないけど!

 


 

ということで今回組んだのはビショップのこのデッキ。

最近「聖獅子」デッキにはまっていて使い勝手が好みだったので、

アンリミテッドで組んでみました。

ですが、正直このデッキで挑むのはおすすめしません

運がからみにからみまくるデッキと言って差し支えありません。

しかも見て分かると思いますが「天狐の社」は不要です。

(なんでこんなデッキ組んだんだろう? 眠かったのかも……)

 

まず、「聖獅子の結晶」を重ねていくターン数をくれません。

4/4疾走の聖獅子ちゃんが出てきてくれる前に落とされることの方が多いです。

序盤に相手フォロワーを除去できるスペルを多めに引けないと負けます。

 

何故今回こんなアホデッキで勝てたかと言うと、

 

序盤まで除去スペルと守護で耐え、

中盤までに引けた3枚の「聖獅子の神殿」を8PPあたりで全部並べ

「聖獅子の結晶」を投げまくって育てつつ(何枚か消滅しました)

回復したPPで除去スペルや他フォロワーを投げた。

 

という、なかなかアホ極まるプレイをしたからです。

「聖獅子の神殿」3枚並べたら、「結晶」1個使用で3PP回復しますよね。

5PP使って「結晶」出したら2PPが残り、

2PP使って「結晶」出したら3PP残り、

さらに2PP使って「結晶」出したら4PP残る……。

その残った4PPでスペル1枚なり2枚なり使っていく。

という、対人戦では使えない戦法を取りました。

 

もちろん場に並べられるフォロワーは2枚までに制限されるので、

どの相手を倒すかはちゃんと吟味しないといけませんが、

普段できないことが試せてなかなか楽しかったです。

 

という感じで、今回は四苦八苦と言いつつわりと楽しんで攻略しました。

が、運とか絡めず攻略したいのであれば、

もっとちゃんとしたデッキを使った方がいいと思います。

できれば、4コスのアミュレットを除去できた方が攻略しやすいかと。

「魔神の剣」を放置するかしないかでかなり難度変わりそうです。

 


 

それでは、次は8章。

ロイヤル or ヴァンパイア なので、

私の好きなヴァンピィちゃん活躍デッキを載せたいです。

 

それではまた。



ここまで読んで下さってありがとうございます。

この記事へのコメント欄はカテゴリー・タグの下にあります。
お名前(ハンドルネーム)とメールアドレスの記載が必須ですが、こちらからメールご連絡をすることはございません。
いたずら防止のためですので、ご了承願います。

また、SNSへの投稿などお願いできるとありがたいです。

今後も気が向いたら記事を書いて参ります。
またのお越しをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です