おはこんばんちは、よすがです。

 

シャドウバースのメインストーリー災いの樹編-最終章- 9章、

正直独力でデッキ組むのは限界過ぎて……

ヴァンプ、ビショップ、ドラゴン、どれで組んでも勝てず、

今回は私よりも経験豊富でちゃんとシャドバしてる知人に、

アドバイスというかもはやデッキ構成から立ち回り一つ一つまで、

一から十まで指南してもらってやっと勝てました。

ちなみに使ったのは「アグロっぽいヴァンプ」デッキ。

 


 

相手の手札で確認できたのが以下の通りです。

②星読みの魔女・ステラ
②ファイター
②堕天使・イヴリシア
②ハッピーピッグ
③風の軍神・グリームニル
③バイヴカハ
③ゴブリンエンペラー
④輝く鐘・ベルエンジェル
④毒牙の姫・メドゥーサ
⑤歴戦の傭兵・フィーナ
⑤レヴィオンセイバー・アルベール
⑥カシオペア
⑦魔将軍・ヘクター
⑧ウロボロス
⑩ゼウス

(効果が複雑でよく分からんけど)なんかつよそう!!!

ちなみにこちらで確認した相手の立ち回りはこんな感じ……。

 


 

・2PPから初手は大体「ファイター」か「ステラ」を置いてきます。

3PPでさらに同じカードを重ねてくることも。

「ステラ」を置かれると相手の手札が増えてしまう上、

不確定要素(ポルックスだのアンドロメダだの)がマシマシになるので早々に倒したい。

ちなみに、5回以上トライして1ターン目に何かを出してきたことは無かったです。

1コストカードは採用してないのかもしれません。

 

・「ゴブリンエンペラー」は、放置すると厄介でした。

「ゴブリンプリンセス」も出してきて、

突進ゴブリンが増えるので、こちらの盤面お掃除されます……。

 

・6PP以降、こちらが場にフォロワーを出していたら「カシオペア」で一掃してきます。

前回までと違って手札は潤沢に持ち続けてくるので、

低体力を横並べしてると一掃されます。

なので、ゴブリンやフォレストバットを無暗に出しまくると危険。

(知人にもそこを危惧されて中盤は慎重に場にカードを置くよう指南あり)

 

・「魔将軍・ヘクター」が特に中盤、7PPの鬼門でした。

大体必ず場に「ゾンビ」2体を連れてきます。

対抗策としては、相手のフォロワーを破壊せず消滅させて墓場を増やさせないとか、

低体力の相手を一掃できるコスト6、7以下のカードを用意する……でしょうか?

私はヴァンプの「デモンストーム」で片付けました。

(「デモンストーム」入れるのを提案したのも知人)

 

・で、「ヘクター」をどうにか始末し、

こちらのリーダー体力10、相手は2!くらいまで追い詰め、

相手の盤面には攻撃8フォロワー、疾走が出てこなければワンチャン勝てるのでは?

と思ったところで「ゼウス」が出てきたりします。

これはやられたなと思いました。

 


 

さて、こちらが知人に泣きついて組んでもらったのが以下のデッキです。

「アグロっぽいヴァンプ」

私の手持ちカードが偏っていたため、

本来採用したかったけどできなかったカードがあるので、

最適解とは言いづらいです。

本当ならもっと疾走とか必殺とか守護とか持ってる子を入れたかった。

 

ポイント①

1ターン中に相手を複数仕留められるカードを入れる。

このデッキでなら「ナルメア」ですね。

「鋭利な一裂き」や

 

ポイント②

ファンファーレやラストワードで「カードを引く」ことができるカードを入れる。

相手は「ステラ」や「ヘクター」等、

積極的にカードを増やしたり、フォロワーを増やしてくる傾向にあります。

そのため、こちらに手数を増やせるカードが無いと自然と殴られます。

(私みたいに)初心者過ぎるとそこまで気が回らないので、

「純心の歌い手」「バフォメット」を入れるといいと助言を貰い、

エーテル使って作ってでも入れたら大正解でした。

 

ポイント③

とにかく相手の顔面を殴る。

相手の場のフォロワーの攻撃力が2以下かつ能力を持たないなら、

構わず顔面を殴りましょう。

相手は後から能力でガンガン殴って来ます。

知人曰く「(こちらの)盤面処理は相手に任せればいい」と。

こちらが能力持ちフォロワーを並べてると相手は積極的に潰してくるので、

特に殴れる序盤は相手のリーダーを叩くのがいいと思いました。

 


 

ちなみに、私が勝った時の最終盤ですが、

相手リーダーを8まで削り、こちらも体力10で復讐状態、

相手の盤面をきれいさっぱり片付けきり、

あとは次ターンで「ダークジェネラル」2体出して疾走で終わり……

と思ったら相手も4コストベルエンジェルを2体並べてきた!

なんてこともあったので、

守護を無視できるカード、能力でリーダー殴れるカードはあった方が安心です。

 

ちなみに、その0/4「ベルエンジェル」2体は「ダークジェネラル」で片付け、

次ターンまわってきた時には場に「ダークジェネラル」1体、

手札に「鋭利な一裂き」と「眷属への贈り物」があったので、

どうにか決着をつけることができました……!

めちゃくちゃ嬉しかったです……(*´ω`*)

 


 

とはいえ、まだ次があるので……。

10章も頑張ってきます。

 

それでは、また。



ここまで読んで下さってありがとうございます。

この記事へのコメント欄はカテゴリー・タグの下にあります。
お名前(ハンドルネーム)とメールアドレスの記載が必須ですが、こちらからメールご連絡をすることはございません。
いたずら防止のためですので、ご了承願います。

また、SNSへの投稿などお願いできるとありがたいです。

今後も気が向いたら記事を書いて参ります。
またのお越しをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です