おはこんばんちは、よすがです。

 

今日はカレル文字「拝領」輸血液の所持数が増える(+5)と、

「姿なきオドン」水銀弾の所持数が増える(+5)が入手できる、

聖杯ダンジョンの紹介をしようと思います。

 


腐臭のトゥメル=イル

深度:5
区画:トゥメル遺跡
追加技法:死臭・腐臭
聖杯文字:4wciink9

※1層ボス前横道に聖杯ショップあり。

 

■ボス

1層:旧主の番人
2層:獣憑き
3層:トゥメルの古老

 

■入手可能アイテム
 ※一部アイテムの個数は発見力や運で変動することがあるかもしれません。

・1層
儀式の血【5】 ×1
水銀弾 ×1
儀式の血【5】 ×1
儀式の血【5】 ×1
輝く硬貨 ×4
輸血液 ×3
強化の濡血晶【5】(レバー前の人型敵ドロップ)

・1層ボス前横道
輸血液 ×3
輸血液 ×2
輸血液 ×3
濃厚な死血【6】 ×1
カレル文字「拝領」
強化の濡血晶【6】 ×1(旧主の番人ぽい敵ドロップ)

・1層ボスドロップ
鋭い濡血晶【6】 ×1
血石の塊 ×2

・2層灯り前横道
眷属の死血【12】 ×1
水銀弾 ×2
レッドゼリー ×2
強化の濡血晶【6】 ×1(旧主の番人ぽい敵ドロップ)

・2層
墓所カビ【5】 ×2
墓所カビ【5】 ×2
水銀弾 ×2
輸血液 ×4
黄色い背骨 ×1
縄付き火炎瓶 ×4
縄付き火炎瓶 ×4
強化の濡血晶【5】 ×1(さまよう悪夢)

2層ボスドロップ
強化の濡血晶【6】 ×1

・3層
輸血液 ×3
輸血液 ×4
儀式の血【5】 ×2
狩人の確かな徴 ×2
水銀弾 ×4
輸血液 ×3
狩人の確かな徴 ×2
狩人の確かな徴 ×2
上位者の叡智 ×1
墓所カビ【5】 ×3
墓所カビ【5】 ×3
儀式の血【5】 ×4
水銀弾 ×4
レッドゼリー ×3
墓所カビ【5】 ×3
強化の濡血晶【6】 ×1
儀式の血【5】 ×2
鋭い濡血晶【5】 ×1(赤オーラ棍棒ランタンのデブ敵ドロップ)
神秘の濡血晶【5】 ×1(さまよう悪夢)
愚者の濡血晶【5】 ×1(さまよう悪夢)
呪われた血質の濡血晶【5】 ×1(豪華な宝箱前のデブ敵ドロップ)

・3層ボス前横道
狩人の確かな徴 ×2
カレル文字「姿なきオドン」
呪われた濁った濡血晶【6】 ×1(紫オーラ黒蜘蛛ドロップ)
呪われた濁った濡血晶【5】 ×1(紫オーラ黒蜘蛛ドロップ)
強化の濡血晶【6】 ×1(旧主の番人ぽい敵ドロップ)

・3層ボスドロップ
冷たい深淵血晶 ×1
血石の塊 ×1

 

■雑記

敵からのドロップアイテムは必ずしもこれが出るわけじゃないと思います。
儀式素材が落ちることも多々あるかと。
順番も特に意味はありません。

1層、2層はちょっと敵が強いくらいで問題無かったですが、
3層がどえらい広くて探索するのに時間がかかりました(30分くらい)。
もし3層を探索されるのであれば、輝く硬貨などあると便利かもしれません。

毒ギミックが多いです。
白い丸薬は持っていくようにしましょう。

3層灯り出たとこすぐに隠し通路がありますが、
宝箱は一つも無く、輸血液だの上位者の死血だの上位者の叡智だのばっかりでした。
お宝部屋というよりは、儀式会場(死屍累々)って感じ。

ちょくちょく道中出現する旧主の番人モブver.が強いです。
周りに敵がうじゃうじゃいて乱戦ということは比較的少ないので、
落ち着いて戦うのをおすすめします。
体力50に振って「右回りの変態」つけててもわりと危なかったです(下手なだけ)。

2層ボスの獣憑きが強かったように感じた……苦手なのかな。
途中でがぶがぶ噛み付かれたのにびっくりした、そんな攻撃あったのね!

 


 

野良で同伴してくれた方々、ありがとうございました。

また情報追加あれば書き足します。

 

最近、他の方々が儀式して下さったダンジョン以外に、

自分でも作って探検してみたくなりました。

敵は強いし一人だと普通にホラーで怖いんですけど、

同伴して下さる協力者の方々に助けられてます(-人-)

 

もう発売から二年経ったゲームではありますが、

私みたいに新規で遊んでみようという方が増えるといいんですけど……。

聖杯ダンジョンに限らず、ストーリーマップでもなかなかマッチしなくて、

ちょっと寂しいです。

弱いけど、誰か私を同伴させて下さいな。

 

それでは、また。



ここまで読んで下さってありがとうございます。

この記事へのコメント欄はカテゴリー・タグの下にあります。
お名前(ハンドルネーム)とメールアドレスの記載が必須ですが、こちらからメールご連絡をすることはございません。
いたずら防止のためですので、ご了承願います。

また、SNSへの投稿などお願いできるとありがたいです。

今後も気が向いたら記事を書いて参ります。
またのお越しをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です