おはこんばんちは、よすがです。

 

今回は、デイリー任務の「南西諸島海域の制海権を握れ!」消化編成を考えます。

 

クリア条件は、

南西諸島海域(2-x)ボスに5回勝利で達成。

A勝利でもB勝利でも構いません。

 

2-1と2-2あたりが比較的お手軽と感じたので、

私はそのどちらかで、その日の気分で通っています。

 


2-1編成

 

パターン①:潜水艦(潜水空母)6

道中2戦のCDHorCEDHルートです。

 

良い点は、低コストなこと、ルート固定可能なことと、

第一期でオリョクルを実施してた提督さんは潜水艦のサブがそれなりいると思うので、

バケツ無しで入渠して回せることでしょうか。

装備は魚雷2など夜戦カットイン装備が鉄板だと思います。

 

注意点は、Dマスの敵編成パターンによっては道中大破撤退もあること。

水中探信儀と爆雷投射機装備の駆逐イ級後期型に一撃で中破以上にされることも。

 

 

パターン②:水母1軽巡1駆逐4(※高速統一)

道中1戦、CEHルートです。

水母1隻はC→Eへの固定要因、秋津洲は低速のため不可。

高速統一かつ軽巡1駆逐4でE→Hへの固定です。

水上機母艦には水戦や水爆を載せます。

ボスに戦艦と空母が待ち受けているため、せめて制空均衡以上を取らないと、

戦艦の主砲連撃でこちらの大破が増えるためです。

画像の水戦水爆水爆で制空均衡なので、あと水戦1つ欲しいですね。

 

軽巡は、由良改二か多摩改二がいると水戦が装備できるためおすすめです。

もしくは、甲標的を装備した阿武隈がいるといいでしょう。

 

駆逐艦は主砲2と電探を適当に載せただけです。

私はボスでの敵艦載機撃墜と夜戦連撃を狙ってこの装備です。

好みで魚雷を積んでもいいと思います。

 

ボス昼戦で敵艦をあまり撃沈できなかった場合は、夜戦で仕留めましょう。

2-1はそもそも敵艦隊もまだ強くはない(と思う)ので、

最低限1回は改装済みの艦であればなんでもいいと思います。

なので、未育成艦を編成に加えたりしてもクリアできます(たまに1戦目で大破します)。

 


2-2編成

 

パターン①:水母1航巡2軽巡1駆逐2(高速統一)

道中1戦の最短、CEKルートです。

航巡2は、高速統一でさえあれば軽空2でも行けそうです。

水母1でC→Eルート固定。

高速統一かつ軽巡1駆逐2でE→K固定です。

空母3隻以上や航戦を含むと、Cから逆方向のBへ逸れたりするので注意。

高速統一が条件なので、低速水母は使えません。

水母と航巡の水爆で、ボス制空優勢を狙います。

水戦があるなら1つ2つ積極採用しましょう、制空権確保も狙えます。

 

航巡と軽巡は昼戦連撃装備ですが、好みで変えてもいいかなと思います。

ただ私が連撃好きなのでなんでもかんでも連撃装備にしちゃうだけです。

 

駆逐艦は主砲2と電探。

これも2-1で紹介した編成と同じ理由で、敵艦載機撃沈かつ夜戦連撃装備になります。

こちらも好みで魚雷を加えるのもあり。

 

道中は1戦のみで水爆が多めなので、ほぼ無傷で突破することが多いです。

安定感は抜群。

 

 

パターン②:水母1海防2自由3

自由枠は以下の制限があります。

・航戦を含まないこと
・空母系は2隻までであること

道中1戦は上記と同じですが、CEFHKと少し遠回りしてFマスでボーキ回収できます。

海防艦2隻でE→Fへルート固定できるようです。

空母1隻を加えることでボスマスで制空優勢~制空権確保に持っていけます。

軽巡では開幕雷撃が出せる阿武隈や由良改二が活躍しそう。

雷巡も使えるので、自由枠を軽空1雷巡2など開幕制圧に徹してもいいでしょう。

 

海防艦は、未改造でも行けないことはないのですが、

やはり改造済み程度まで育成して連れて行くのがいいでしょう。

耐久が弱いので、道中1戦でうっかり大破撤退することもしばしば。

 

水上機母艦は、これはお好みで。

ってことで私は秋津洲を連れて行ってみたりもしました。

千歳千代田の瑞雲甲標的セットもいいでしょう。

 


 

第二期になって敵編成が強化されたので、

正直南西諸島海域なんてめんどくさいな、と思っていたのですが、

編成パターンを複数覚えて慣れてからは片手間でこなせるようになりました。

 

ちなみにこのデイリーをこなした報酬は燃料とボーキとバケツ1個です。

これの後続デイリー任務が潜水艦狩りで資源とバケツ1個。

うまみがあると感じるかどうかは人それぞれなのかな……ですが。

デイリー任務欄をからっぽにするのが楽しい今日この頃です。

 

それではまた。

 



ここまで読んで下さってありがとうございます。

この記事へのコメント欄はカテゴリー・タグの下にあります。
お名前(ハンドルネーム)とメールアドレスの記載が必須ですが、こちらからメールご連絡をすることはございません。
いたずら防止のためですので、ご了承願います。

また、SNSへの投稿などお願いできるとありがたいです。

今後も気が向いたら記事を書いて参ります。
またのお越しをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です