日記

Xperia Z5のおサイフケータイ機能が使えなくなった話。

おはこんばんちは、よすがです。

 

唐突な話なんですけど、

私が使っていたXperia Z5のおサイフケータイ機能が反応してくれなくなりました。

まぁ、2015年とか発売機種ですし、3年使えば結構劣化もあるでしょうから、

仕方がないことなんですけど。

 

でも、なんで反応しなくなったのか気になって調べたんですよね。

「おサイフケータイ 使えない」とかで検索すると、機種問わず同じ方が沢山。

落として以降使えなくなったとか、みんなあるあるなんですね。

 

さて、では何故使えなくなったか?ですが、

おサイフケータイを使うために必要な「FeliCa」という内蔵ICカードの一種なんですけど、

落としたりした衝撃で中の端子が簡単に外れたりして使えなくなるみたいです。

接続が物理的に切れちゃってるんですね。

 

なので、できる人は背面カバーを開けて、

本体内部の端子を押さえたりして接続して復旧しました!

っていうブログをいくつかお見かけしました。

確かに、自分でスマホ修理できる人は自力でやった方が早いのかもしれません。

ショップに持ち込むとそれの修理だけで数千円もっていかれますからね。

 

ですが自力修理する前に注意が必要です。

まず、本体をぱっかり開けてしまった時点でそれは「改造」と見なされます。

なので、キャリアショップで受けられる本体修理代軽減などのサービスは受けられなくなる可能性が高くなるので、もし今後また故障した際に修理代がかさむかもしれません。

取り敢えず開けてみよう!っていうのは非常に危険です。

あと、スマホのカバー外周は両面テープのようなものでがっちり貼ってあります。

一旦剥がしてしまうと、新しいテープがないとカバーが外れやすいので、

Amazonなどで購入してから開けましょう。

 

と言いつつ私は自力で開けちゃいました。

iPhoneは半分解体したことあったんですけど、Xperiaは経験なかったので(笑)

というか、開けようかなって思った時には既に背面カバーが開きそうになってたんですよね。

本体下側の方のフチにギターピックが普通に差し込めるんじゃないかって感じの隙間が……。

そこにスマホ修理に使う工具をじわじわ差し込んで開けてみたら、

バッテリーが膨らんでました。

恐らくなんですけど、何度も落下させたことがあるためか寿命かでバッテリーが膨張してしまって、

さらに落下を繰り返すからFeliCaの接続が外れてしまったのかもしれません。

もし端子が外れてそうだったら、基盤を触らないようにしてくっつけなおすと直るかも。

 

ちなみに自力で直すつもりはないしもう少しで買い替えるけどFeliCa使いたいって場合は、

「ICカードリーダー」アプリ(スマホのFeliCaでWAONやEdyを検知し残高調べられる)を入れて、

本体のおサイフケータイロゴの部分を押さえながら対応するICカードを当ててみて下さい。

外側からFeliCaの接続部分を押さえることで、接続が可能になる事もあります。

 

なんにせよ、スマホ落下は中身が傷むし故障の原因なので、

落とさないようにしっかり持って、移動中は鞄にしまうなどしましょう。

 

それではまた。

ここまで読んで下さってありがとうございます。

この記事へのコメント欄はカテゴリー・タグの下にあります。

お名前(ハンドルネーム)とメールアドレスの記載が必須ですが、こちらからメールご連絡をすることはございません。

いたずら防止のためですので、ご協力お願いします。

また、SNSへの投稿などお願いできるとありがたいです。

今後も気が向いたら記事を書いて参りますので、またのお越しをお待ちしております。

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。