記事公開日:2019/08/02
最終更新日:2019/08/08

IT関連
 

WordPressで投稿した記事をTwitterに自動投稿する。

WordPressで投稿した記事をTwitterに自動投稿する。

おはこんばんにちは、よすがです。

 

今回はWordPressに投稿したブログ等の記事のタイトルやリンクを、自分のTwitterアカウントに自動で共有してくれるプラグインをご紹介します。

Revive Old Posts

使用するのは「 Revive Old Posts 」というプラグインです。

まずはWordPressの管理画面から、「プラグイン」→「新規追加」のページの検索等でプラグインを探してインストール・有効化しておいて下さい。


導入方法

① 「Revive Old Posts 」のダッシュボード画面を開き、「Add Account」から任意のSNSと連携する。

②ダッシュボード内の「General Settings」タブ開き、投稿する際の期間や投稿数等の設定を行う。

③ダッシュボード右上にある「Start Sharing」を押す。

基本的な動作はこれで開始されます。
では具体的な操作方法を説明していきますね。


① 「Revive Old Posts 」のダッシュボード画面を開き、「Add Account」から任意のSNSと連携する。

ダッシュボードを開くと、こんな画面が開くかと思います。
緑色〇アイコンの「Add Account」を押しましょう。

Revive Old Posts

無料アカウントで連携できるのはFacebookとTwitterです。
今回はTwitterに共有して欲しいので、「Twitter」をクリック。

Revive Old Posts

こんな小窓が出てくるので、そこにTwitter Developersから取得した「API key」と「API secret key」をコピー&ペーストします。

Twitter Developersというのはざっくり言うと、サイトやアプリケーションがTwitterアカウントのツイートやフォロー・フォロワーを読み取るまたは書き込む時に、アプリケーションとTwitterアカウントを橋渡ししてくれるTwitter公式ツールのようなものです。

本来、Twitterに書き込みしたりDMが閲覧するためには、自分がアプリもしくはウェブサイトでアカウントにログインしていなければなりません。
何処の誰かも分からない相手(サイト)が勝手に自分のTwitterアカウントでフォロワー情報を読み取ったり、直接タイムラインに書き込みする権限は無いわけです、当然のことですが。
WordPressも同じで、自分のTwitterアカウントから勝手にツイートする権限は持っていません。

そこで、Twitter Developersというアクセス権限を他者に許可するツールを用いて、WordPressに特定の紐づけされたTwitterアカウントの読み取り・書き込み権限を与え、自動でツイートしてもらえるようにします。
(文章力が無いため上手く伝わらなかったらすみません)

今回の場合は、WordPress(自分のサイト)から自分のTwitterアカウントでツイートするために、WordPressに書き込み権限を与えるために連携させます。
そちらの設定方法はまたいずれ。

Revive Old Posts

ちなみに上の画像がTwitter DevelopersのAPI key等が確認できる画面です。
ここに載っているAPI key等は、他人に知られてしまうとアカウント乗っ取り(勝手にツイートされる等)に遭うことになるので、誰かに質問する時はスクショを編集してAPI key諸々は隠しましょう

API keyとAPI secret keyと言うのは、サイトがタイムラインの読み込みや書き込みの用途のみに限定して自分のTwitterアカウントを使用するためのパスワードと言うわけです。

余談ですが、画像の下の方にひっそりと「Read, write and Direct Messages」というところがありますが、これがアクセス権限のレベルになります。
今回行いたいのはツイートの書き込みだけなので、「Read and write」があれば大丈夫なはずです。

例えば、アクセス権限を「Read and write」のみ許可にして、「Direct Messages」は不許可としたとします。
すると、もし万が一あなたのTwitter DevelopersのAPI keyとAPI secret keyが他人に知られてしまっても、できるのはほぼツイート内容の取得とツイート投稿のみとなり、他人にスパムDMをばら撒くという被害は防げるかもしれません。

さて、API keyとAPI secret keyを入力して送信したら、次はTwitterの画面に遷移するかと思います。

Revive Old Posts

ここで、右上に出てくる自分のアカウントと、アカウントの利用許可を求めてきているTwitter Developersアカウントとが合っていることを確認しましょう。
ほとんど無いとは思いますが、API Keyのコピペミスなどで違うアカウントが表示されていたら、キャンセルを押して戻りましょう。
アカウントが合致していれば、「連携アプリを認証」を押して連携します。

Revive Old Posts

すると、上の画像のように、自分のアカウントが出てくるはずです。
これでアカウント連携は完了です。

②ダッシュボード内の「General Settings」タブ開き、投稿する際の期間や投稿数等の設定を行う

それでは次に、投稿した過去の記事を自動でTwitterに共有してもらうための一般設定に移ります。

Revive Old Posts

ざっくり翻訳するとこんな感じになります。(2019/08/08追記修正しました)
管理人が英語苦手過ぎるので翻訳のおかしさには目を瞑って下さい……。
和訳間違ってたらごめんなさい、コメント下さい。

不慣れなうちはデフォルトのまま使用するのがいいかと思います。

まだ投稿記事が少ないうちは、「Minimum post age(一日に共有する投稿記事の最低数)」だけ、少し下げておくといいかもしれませんね。
でないと一日に同じ記事を何度も共有しようとして、重複エラー(Twitterは短期間に同じツイートはできないので)を吐いてしまうかもしれません。

あと、「Share more than once(SNS共有した記事を再度共有する)」のオンオフも好みですね。

③ダッシュボード右上にある「Start Sharing」を押す。

あとは緑色の「Start Sharing」を押せば、連携したTwitterアカウントから自動で過去の投稿記事が流されます。

Revive Old Posts


ちなみに、SNS共有する際にはどんなフォーマットで投稿するかもわりと好きなように設定が可能です。

「Post Format」タブを開きましょう。

Revive Old Posts

SNS共有の際は、頭に「ブログ更新」と入れたり、末尾に「を書きました」などを入れるとそれっぽいと思います。

あと投稿記事のURLは勿論必ず入れる設定にしておくように。
でないとTwitterに流す意味がありませんからね。

ハッシュタグを追加する際は、
・全ての投稿記事に同一のハッシュタグを作成するもの
・投稿記事のカテゴリーをハッシュタグとして作成するもの
・投稿記事のタグをハッシュタグとして作成するもの
・カスタムフィールドからハッシュタグを作成するもの
を選べます。

投稿記事のパーマリンク(URL)の設定で、URLに日本語を含む場合は、通常の半角英数記号のみのURLとして出力する時に無駄に長いURLができあがってしまいます。
そうするとTwitterに投稿できなかったりするので、あらかじめパーマリンクを投稿IDから作成するように設定するか、このプラグインの機能で短縮URLを作成して投稿するなど対策しておきましょう。


紹介はおおむね以上になります。

あまり英語も不得意で細やかな紹介ができておりませんが、誰かのお役に立てれば幸いです。

私もまだ完全に使いこなせていないのですが、このプラグインのおかげで古い投稿記事にも足を運んでもらえたりします。

何度もTwitterに垂れ流すとフォロワーが離れていきそう、自己顕示欲高そうって思われそうとか懸念のある方も、一日一共有くらいで宣伝してもいいと思います。

タイムラインに24時間張り付いてるツイ廃なんてそうそういませんから、何度か宣伝することでずっとフォローしてたけどたまたま気付かなかっただけでこういうブログ書いてたんだな、と気付いてもらうきっかけにもなります。

誰かに見てもらうためのブログなわけですし、最低限の宣伝はどんどんすべきです。

特にクリエイターさんとか。
良いイラストや良い小説をどんどんタイムラインに流して見せつけてきておくれ。

話が長くなりましたが今回はこれで終わりです。

 

それではまた。

楽天市場
モッピー!お金がたまるポイントサイト

ここまで読んで下さってありがとうございます。

この記事への感想や質問、助言などは関連記事の下にあるコメント欄へ頂けるとありがたいです。

お名前(ハンドルネーム)とメールアドレスの記載が必須ですが、

いたずら防止のためですので、ご協力お願いします。

また、SNSへの投稿・広告1クリックなどお願いできると嬉しいです。

今後も気が向いたら記事を書いて参りますので、またのお越しをお待ちしております。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
楽天ブックス


楽天ブックス
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH-2200AB02)
KIYOHARA Craft Gallery UVクラフトレジン液 55g UVR55G
トウペ アメリカンフラワー 水性ストレンスナー 強化液 700ml ASS-07
GTRACING ゲーミングチェア オフィスチェア デスクチェア ゲーム用チェア リクライニング パソコンチェア ハイバック ヘッドレスト 腰痛対策 ランバーサポート ひじ掛け付き PUレザー 一年無償部品交換保証 (GT002)

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


任天堂 Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド HAC-S-KABAA